お散歩に行けない雨の日でも楽しめる!犬の室内遊びやゲーム4選

スポンサーリンク
おりな&オレオ

こんにちは!おりな&オレオです!

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

多少の雨なら犬のお散歩に出かける方は多いと思いますが、どうしても雨が強かったり台風が来ていたりして、お散歩に行けない日もありますよね。

でも、ずっと家の中にいるのも犬にとってはつまらないはずです。

悪天候が続けば、運動不足やストレスの原因にもなるでしょう。

そこで、今回は、散歩に行けない日に私とオレオがやっている、室内でできる遊びやゲームを4つご紹介します

室内でできる遊びとゲーム4選

お散歩には犬の運動不足やストレス解消の効果があるので、梅雨や台風などの悪天候が続いてしまった時は、犬はつまらないと思っているかもしれません。

ストレスが溜まってイタズラをしたり、家の中を走り回ったりして怪我をしてしまうことも考えられます。

ですが、室内でもワンちゃんにつまらない思いをさせず、運動不足やストレスを解消することは可能なのです。

オレオも雨が続いてお散歩に行けない日が続くと、突然家の中を走り回ったり、私のものをガシガシ噛んで壊してしまったり、「つまらない!」と主張するためなのかベッドやソファに粗相したりすることがあります・・・。

ですが、お散歩に行けない日はお家で思いっきり遊んだり、少し頭を使うゲームをしたりするようになってから、運動不足やストレスによるイタズラは激減しました!

私とオレオが雨の日にやっているのは主に次の4つです。

室内でできる遊びとゲーム4選
  1. 宝探しゲーム
  2. 知育おもちゃでの頭の体操
  3. ボール遊び
  4. トリックの練習

それでは早速一つずつ見ていきましょう!

①宝探しゲーム

宝探しゲームとは、おやつを部屋のどこかに隠して、それを犬に探させる遊びです。

犬の見ていないところでおやつを隠し、「探して!」などの合図でゲームを開始しましょう。

頭を使っておやつも食べられる、まさに一石二鳥のゲームです。

ただし、難しくてなかなかおやつを見つけられない場合は、隠している姿を見せてあげてもいいでしょう。

私がおやつを隠しているのを待っている間、オレオは宝探しゲームが始まることを察してとてもニコニコ嬉しそうに待っています。

簡単に見つかる場所と、少し頑張らないと見つからない場所に分けておやつを隠し、「探して!」と声をかけると勢いよく捜索を開始します。

簡単な方はすぐに見つけられるのですが、難しい方は時間がかかることも。

そういう時は、「あっちじゃない?」とおやつのある方向を指さしてヒントを出してあげたりします。

そうすれば、見つけられなくて拗ねてしまうこともなく、最後まで楽しんで探し切ってしまいます。

全部見つけられたら、「すごいね!」と言って褒めてから、「おしまい!」と言って何も持っていない両手の平を見せて終わりにします。

おりな

オレオは「おしまい」と言わないと、永遠に探し続けようとするので・・・(笑)

宝探しゲームは体力を使うわけではありませんが、おやつを探すために鼻を使ったり、ここかな?あそこかな?と自分の頭で考えることでエネルギーを消耗します。

そのため、お散歩に行けなくても、お家でワンちゃんを十分楽しませてあげることができます。

しかも、おやつが食べられるので、オレオのようにお散歩嫌いの子はむしろこっちの方がいいと思っているかもしれませんね・・・

②知育おもちゃで頭の体操

こちらも宝探しゲームと同じく頭を使う遊びです。

ペットショップに行くと、犬用の知育おもちゃが売っています。

これは、おもちゃのパズルを解いたり、取り出すのが難しい入れ物からおやつを取り出すことができればおやつを食べられるという仕組みです。

他にも色々売られているので、良ければ探してみてくださいね!

賢い犬の場合、一度解いたおもちゃは次から簡単にクリアしてしまうことがありますが、おやつを入れる場所を変えることで難易度を調整できるタイプのものも販売されています。

達成感が得られるので、犬にとっては良いストレス解消になりそうです。

また、知育おもちゃにはおやつが入っているので、飽きることなく夢中になって遊んでくれます。

私はお風呂に入っている間などはオレオにおやつやフードの入った知育おもちゃを渡して、それで遊んで待ってもらっています。

こちらの記事にも書いていますが、お風呂から出てきても夢中で遊んでいるので、私がいないことに気付いてすらいないのでは?と悲しくなることがあります。><

おりな

でも、お散歩に行けないことによる運動不足やストレス解消はもちろん、お留守番の時にも使うことができるので、1つは持っておきたいアイテムですね!

また、知育おもちゃを買いに行くのが手間な場合は、自分で作ることもできます。

私は紙コップを3つ用意して、その中にフードを入れるところをオレオに見せ、マテをさせながら紙コップの位置を動かし「どれ?」という合図を出してオレオにおやつの入った紙コップを選ばせます。

遊び方が伝わるまでに少し時間がかかりましたが、伝わってからは、見事正解できたら中のおやつが食べられるので、オレオも一生懸命に探しています。

スポンサーリンク

工夫次第では、家にあるもので今すぐできるので、手軽に挑戦できるのもいいところです!

③ボール遊び

小型犬なら、室内でボール遊びをすることができます。

これはまさに体力を使う遊びなので、運動不足解消には持って来いです!

リビングなどの広いスペースで、ボールを転がしてそれを持ってきてもらうといいでしょう。

また、ぬいぐるみなどの小さくて軽いものであれば、それを投げてキャッチするという遊び方もできますよ。

ボールを遠くに投げたりして興奮させすぎると怪我の原因になってしまいますが、飼い主さんが見守りながら、適度な遊び方をすれば大丈夫です。

少し興奮し過ぎているなと感じたら、一度マテをして落ち着くまで待ってあげましょう。

また、誤飲には十分注意するようにしてあげてください。

オレオはボールはあまり好きではないようなのですが、やわらかいぬいぐるみは大好きです。

そのため、雨の日はよくぬいぐるみでキャッチボールをして遊んでいます。

オレオにお座りをさせて、「せーの」という掛け声と一緒にぬいぐるみを投げ、キャッチできたら褒めてあげます。

最初はオレオの真正面にぬいぐるみを投げるのですが、少しずつ左右前後にずらして難易度を上げていきます。

おりな

上手にキャッチできた時はオレオも嬉しそうにしているような気がします!

でも、少し目を離すと夢中になって嚙み続け、ぬいぐるみを壊して中の綿を出してしまうので、キャッチボールをするときにしか渡さないようにして、普段は手の届かないところにしまってあります。

ワンちゃんのためにも、一人で遊ぶ用、一緒に遊ぶ用のようにそれぞれ役割を決めておもちゃを与えるようにしてあげましょう。

安全に楽しく遊んで、ワンちゃんのストレスを発散してあげましょうね!

④トリックの練習

トリックとは、いわゆる芸のことです。

頭の体操になって認知症予防にもつながるので、雨の日には簡単なトリックにチャレンジしてみるといいでしょう。

代表的なトリックは、お手、おすわり、ハイタッチなどです。

上手にできたら思いっきり褒めておやつをあげると、良いコミュニケーションになるのではないでしょうか。

教え方はこちらの記事に書いてある、オペラント条件付けを参考にするといいですよ!

トリックを教えるときは、ワンちゃんが集中できるように、他のおもちゃなどは片づけて、テレビなど音のなるものも切っておきましょう。

気を散らさずに飼い主さんに集中できるので、習得がはやくなるでしょう。

オレオは、お座り、お手、マテ、伏せ、タッチ、バン(ピストルで撃たれたように倒れる芸)ができるのですが、それ以外に一時期、「おやすみ」を練習していたことがあります。

「おやすみ」とは、私の「おやすみ!」という合図をきっかけに、毛布にくるまる芸です。

これがなかなか難しくって・・・

「おやすみ」の教え方
  1. 毛布の上で犬に伏せをさせる
  2. 毛布の端を嚙ませる
  3. そのままバンを2回繰り返して一回転させる

各段階で、できたら必ず良く褒めてご褒美をあげます。①~③がスムーズにできるようになれば、「おやすみ」の号令と一緒に①~③を連続で行い、ご褒美をあげます。

オレオは、③のバンを2回繰り返して一回転するというのがどうもできず・・・

真上を向いた後、反対方向にゴロンとするのができないようで、見えない壁でもあるかのように、跳ね返って元の伏せの体制に戻ってしまいます。

おりな

それはそれで可愛かったのですが、いつも習得できないまま集中力が途切れてしまうので諦めました・・・

「おやすみ」は私とオレオには少し難しかったですが、お座りなどの基本的な芸はすぐに覚えることができたので、簡単なものから始めて、徐々に難しい芸にも挑戦してみてくださいね!

あなたが褒めてくれたり、喜んでくれるのが嬉しくて、ワンちゃんも頑張って挑戦してくれますよ!

室内でできる遊びとゲーム4選まとめ
  1. 宝探しゲーム
    • 隠したおやつを犬に探させるゲーム
    • 頭を使っておやつも食べられる犬にとって一石二鳥のゲーム
  2. 知育おもちゃでの頭の体操
    • 頭を使っておやつにたどり着くゲーム
    • ペットショップに売っているものもあれば、自作することも可能
    • 雨の日だけでなく、お留守番時にも活躍
  3. ボール遊び
    • 投げたボールを追いかけて取ってくる等、体力を使う遊び
    • やわらかくて軽いものならキャッチボールも可能
    • 誤飲には十分注意する
  4. トリックの練習
    • 上手にできたときに褒めてあげるといいコミュニケーションになる
    • 教え方はオペラント条件付けがおススメ
    • 教えるときは、犬の気が散らないように、おもちゃは片づけ、テレビなど音の出るものは切っておく

まとめ

雨の日は飼い主さんと散歩に行くことができず、残念に思う犬もいるでしょう。

そんな時は、今回ご紹介したような室内遊びやゲームを上手に取り入れて、楽しくストレス発散をさせてあげるのがおススメです。

普段とは違う遊びをすることで、犬にとっても刺激となり、より絆を深めるきっかけとなるはず。

お散歩に行けない日は、ぜひ挑戦してみてください!

また、お散歩嫌いな子向けに紹介した運動不足やストレス解消法にも、室内でできる遊びがあるので、併せてやってみてくださいね!

雨の日でも飼い主さんとたくさん遊ぶことができれば、ワンちゃんもきっと楽しんでくれるでしょう。

信頼関係が深まってよりよいワンダフルライフが送れることを応援しています!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。