お盆とはいつからいつまで?伝統の風習や食べ物を地域別にご紹介!

スポンサーリンク

お盆!と聞くと長期休暇や夏休みなど、お休みをイメージされる方が多いと思います。

私もお盆は会社がお休みになり自由なひと時を過ごすことができるつかの間の休息・・・そして、いかにその休暇を長くとるかということに日々考えを巡らせています。

ということで、早くも今年のお盆がいつやってくるのか調べていた私ですが、

  • そもそもお盆とは何なのか?
  • なぜ長期でお休みがもらえるのか?
  • お盆とは本来どのように過ごすべきなのか?
おりな

少なくとも、私のようにダラダラ寝て過ごすためのものではないと思う・・・><

ふとこんな疑問が湧いたので、今回は、2022年のお盆がいつからいつまでなのかに加えて、本来のお盆の意味や伝統の風習、食べ物について地域別にご紹介していきます

2022年のお盆はいつからいつまで?

なんだかんだ言って、結局お盆休みはいつなのよ?というあなたに、まずは今年のお盆の時期をお教えしましょう

2022年お盆

今年のお盆は8月13日(土)~8月16日(火)です!

えええ!たったの4日だけ?!?!

と思ったそこのあなた!

大丈夫です。

8月11日(木)は山の日という祝日なので、12日の金曜日をお休みにできれば、晴れて6連休を獲得できます!

おりな

私は既に8/12の予定表にガッツリ休暇を入れました。(笑)

土日祝日関係なくお盆の日付は固定されていますが、企業によっては前後の平日を休暇奨励日にして最大11連休を取得できるところもあるみたいです。

11連休もしたら社会復帰できなくなりそうですが、それだけお休みできたら嬉しいですよね。

お盆期間は3パターンある?!

基本的なお盆は上記の通り8/13~8/16の期間なのですが、実はお盆には3パターンあることがわかりました。

3パターンのお盆
  1. 新盆
  2. 月遅れ盆
  3. 旧盆

より詳しくお盆について知りたい!という人のために1つずつ説明します!

基本パターンだけでいいよ!という方は読み飛ばしてくださいね~!

①新盆

まずは新盆です。

新盆とは、故人の死後四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことで、読み方は「しんぼん」、「にいぼん」、「はつぼん」等地域により様々です。

また、一般的には新暦の8月13日から16日ですが、地域によっては7月13日(水)~7月16日(土)に行われることもあります。

その地域は、東京、神奈川、石川、函館などです。

地域によって時期が異なるのは、新暦旧暦どちらを使っているかによります。

開国前は全国統一で旧暦を使っていたのですが、明治時代に開国した後は世界の標準に倣って新暦に変更したと言われています。

ただ、政府のお膝元であった地域は新暦に変更したものの、それ以外の地域はそれまでの慣習を変更することなく今に至っているようです。

当時政府のお膝元であった東京や都市部は新暦に従いましたが、多くの地域は今までの慣習を簡単には変更できず、また農業の盛んな地域は7月が忙しいなどの理由もあり、旧暦盆(8月)が継続される形になりました。その結果として、7月にお盆を行なう地域と8月に行なう地域に分かれたといわれています。

お仏壇のはせがわ

②月遅れ盆

次に月遅れ盆です。

こちらは新盆から1か月遅れて迎えるお盆で、一般的なお盆の時期です。

つまり、今年の夏休み、8月13日(土)~8月16日(火)のことですね!

③旧盆

最後は旧盆です。

これは今でも旧暦に従って行われているお盆で、時期は旧暦の7月13日(水)~7月15日(金)の3日間。

主に沖縄地方で行われているお盆で、新暦に直すと今年は8月10日(水)~8月12日(金)です。

旧暦を新暦に直すと毎年ズレが生じるので、旧盆は毎年時期が大きく変わるそうです。

旧暦を新暦に直すと大きなズレが生じてしまうため、日にちはその年によって異なります。これは、旧暦は月の満ち欠けにより暦を定めているためです。たとえば、2021年は8月20日から22日の期間がお盆でしたが、2022年は8月10日から12日までです。

ヨムーノ

このように、お盆にも種類があり、期間は地域によって異なるため、一律に祝日とすることは難しいようですね。

だからお休みなのに平日なのです!

おりな

ところで、そもそもお盆ってなんでお休みなのでしょうか?

次の章からお盆になるとお休みがもらえる理由についてお話しします!

お盆はなんでお休みなの?

お盆の期間についてわかったところで、次はなぜ土日や祝日でもないお盆がお休みになるのかお話しします!

お盆休みはもともと「藪入り」という風習に起因していると言われていますが、それが、平日でもお休みがもらえる理由です。

藪入りとは、住み込みで働いている奉公人がお正月とお盆にお休みをとって実家に帰ることができる習慣で、この習慣が受け継がれた結果、現在でもお正月とお盆に帰省する人が多い。

そして、夏期に関しては仏教上の「お盆」の風習と結びついたことで、帰省して家族みんなで揃ってお墓参りなどに行き、ご先祖様を供養する習慣が根付いたとされています。

お盆とは、仏教上の盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)を略した言葉で、昔餓鬼道に落ちたお釈迦様の弟子の母親を、お釈迦様の教えに従って高僧たちが食べ物や飲み物を供えて救ったところから始まったと言われています。

また、日本には昔からご先祖様を敬い感謝する習慣がありました。

この仏教上のお盆と日本古来の風習や考え方が合わさって、お盆はお休みをとって家族で集まり、ご先祖様を供養するという文化が出来上がったのです。

おりな

お盆がお休みなのは、こういうことだったのですね!

お盆の伝統的な過ごし方って?

お盆はお休みをとって家族でご先祖様を供養するための期間ということですが、そのやり方はどうするのでしょうか?

ここからは、伝統的なお盆の過ごし方についてご紹介します!

お盆の期間が違ったように、過ごし方も地域によって異なりますが、まずは一般的なところからお話しします!

お盆前

まずはお盆前の過ごし方についてです。

お盆が行われる月の1日を、「釜蓋朔日(かまぶたついたち)」と呼び、地獄の釜のふたが開く日と言われており、この日は地獄の囚人を裁く者ですらお休みをするそうです。

この日を境に盆入りと考え、お盆を迎える準備をします。

お盆前の準備
  • お墓参り
  • 仏壇のお掃除
  • 盆提灯などの準備

そして、お盆の月の7日は「棚幡(たなばた、七夕)」と呼ばれ、この日にご先祖様を迎えるために精霊棚を準備します。

精霊棚とは、よくテレビなどで見る、ナスやキュウリに割り箸を刺したアレが乗った台のことです。

キュウリは馬を表し、ナスは牛を表していて、ご先祖様があの世とこの世を行き来する際の乗り物になります。

来るときは馬に乗って早く帰ってきて欲しい、そして、帰るときは牛に乗ってできるだけゆっくり帰って欲しいという願いが込められているそう。

おりな

ご先祖様を大切に思う気持ちが伝わってきますね!

お盆本本番

お盆前の準備をしっかりやったら、ついにお盆が始まります。

でも、実際は何をすればいいのでしょうか?

ます、初日(2022年は8月13日)は、ご先祖様が迷子にならないように「迎え火」を焚いてご先祖様をお迎えします。

スポンサーリンク

次に、お盆の中日(2022年は8月14、15日)はご先祖様が滞在されるので、お供え物などをしてゆっくり過ごしてもらいましょう。

そして、最終日(2022年は8月16日)はご先祖様がお帰りになる日。

午前中まではおうちにいてくださるので、お供え物をします。

午後になったら「送り火」を焚いて送り出してあげましょう。

お盆のあと

お盆の後は片づけをしてお終いです。

場合によっては朝まで送り火を焚いていることもあるようですが、基本的には送り火が終わったらその日のうちに片づけておしまいです。

一般的なお盆の過ごし方はこの通りですが、地域によって伝統の風習や食べ物があることも。

次の章から地域ごとに少しご紹介します!

お盆の地域別伝統の風習と食べ物

地域別の伝統的な風習や食べ物をご紹介します。

気になるものがあれば実際に参加してみてください!

北海道

北海道ではお盆に先立って七夕に「ロウソクもらい」という行事があります。

ローソクもらいとは、七夕の夜、子供たちが浴衣を着て提灯を持ち、地域の家々に、「ローソクちょうだい」とローソクをもらいに行くもので、現在はローソクではなくお菓子が一般的になっているそうです。

日本文化研究ブログ

「ローソクくれなきゃいたずらするぞ」というハロウィンのような歌を歌いながら子供たちがやってくるそうです。

でも、ローソクもらっても使い道ないし、嬉しくないだろうし・・・ということでお菓子をあげるようになったんだとか。

ちなみに、ハロウィンよりもずっと前から行われているイベントだそうですよ!

東北地方

東北地方ではお祭りが多く行われていました。

中でも山形県の「山形大花火大会」は1万発もの花火が打ち上げられる大規模な花火大会。

おりな

今年も開催されたらぜひ行ってみたいですね~

昨年開催時の公式サイトには素敵な写真がたくさん載っていましたよ!

それから、山形県ではあべかわ餅やほうとうをお供えするのがお盆の風習となっているそう。

帰ってきたご先祖様も美味しいお供え物をたくさん食べて、大満足されることでしょう!

私も山形県に子孫を残せばお供えしてもらえるのかしら・・・(笑)

関東地方

関東では新暦と旧暦の両方の県があるため、7月から8月までにぎやかです。

東京は新盆を採用していることもあり7月にお盆を迎えます。

7月に開催される「佃島の盆踊りは」有名ですね!

それから、群馬県にはその年にちなんだ文字を、地元の人たちが山に登って松明等で火文字を作る「大島百八灯」という珍しいお祭りもあります!

迎え火と送り火の役割を兼ねているのですね。

栃木県では那須あたりで13個の炭酸まんじゅうをお供えする「釜の蓋」という風習もあるのだとか!

中部地方

石川県の金沢には「キリコ」という灯篭を持ってお墓参りをする風習があります。

キリコの形は様々で、他の地域にはない金沢オリジナルなんだそうです。

福井県では、若い人が松明を振り回して迎え火をする「御招霊」というお祭りがあります。

おりな

今年も開催さなんだか豪快なお祭りみたいなので一度見てみたいです!

そして、栃木県には日本三大盆踊りの「郡上おどり」があります!

近畿地方

近畿地方には有名なお祭りがたくさんありますね。

京都では、「五山の送り火」「嵐山の灯篭流し」「宮津灯篭流し花火大会」など、全国的にも有名でテレビにも取り上げられるようなイベントが行われています。

2021年は中止の行事も多かったみたいですが、今年こそは開催されるといいですね!

奈良県の「奈良大文字送り火」も有名なイベントですよね!

そんな中、三重県では新盆を迎えた故人の戒名を書いた竿竹をぶつけ合う「波切の大念仏」というユニークなお祭りも行われていました。

中国地方

島根県には出雲神社がありますが、ここではお供え物にお団子がよく出てくるそうです。

また、広島県にはお墓にカラフルな灯篭を飾りつける「盆灯篭」という風習があったり、岡山県では軒先に「切子灯篭」という独特の灯篭を吊るしたり、立派な祭壇を設けると言った装飾の文化もありました!

おりな

オシャレに飾られたお墓や実家なら、帰ってくるご先祖様も毎年楽しみにしてくれそうですよね!!

四国地方

香川県の小豆島では、五目飯を水辺の岩のお供えし、餓鬼に施した後食べることで病気を防ぐ「川めし」という施餓鬼供養の風習があったり、高知県では子供が「ほうかい!」という掛け声とともに松明を飛び越えることができたら、その子は1年間健康に過ごせるという「ほうかい」というおまじないもあります。

おりな

四国は健康志向が強いのでしょうか??

あとは、徳島県の阿波踊りも日本三大盆踊りの一つとして有名ですよね!

九州地方

九州地方にの様々な風習がありました!

福岡県では、ご飯がおいしいイメージの博多で、お盆の間は精進料理を食べて過ごすという風習がありました。

逆に、大分県では、お盆の期間は「酒まんじゅう」と、郷土料理の「たらおさ(鱈のエラと胃を干した物)」や「みとりおこわ(みとり豆を使ったおこわ)」といった食べ物で食卓が彩られます。

そして、宮城県ではお墓の前で松明を燃やして、その日をローソクに移して消えないように家まで持って帰ることで、ご先祖様を無事にお家に案内し、帰りは同じようにお墓まで送り届けるというご先祖様に優しい風習がありました。

おりな

この風習、お盆の間はずっと火を燃やし続けるようですが、ローソクが途中でなくならないのか不思議ですよね・・・

鹿児島県では、お墓に様々なお花がお供えされて色鮮やかになるのだとか!

お墓って怖いイメージがありますが、お花で彩られたお墓なら見てみたいかもしれません!

沖縄

そして最後に沖縄です!

お盆には伝統芸能の「エイサー」を踊るそうです。

おりな

エイヤーサーサーってこのエイサーからきているのでしょうか?

また、「あの世で使ってもらう」ためにお金を模した紙を燃やすという風習もあります。

まとめ

2022年のお盆休みはいつだろう?と思ったことをきっかけに、お盆とはそもそも何なのか、なぜお休みなのか、そして、各地域の伝統的な風習や食べ物について調べてみました。

おりな

四国は健康志私も今年のお盆は実家に帰省してお墓参りにでも行きたいなと思います!

あなたも、今年はご自身の実家がある地域の伝統的な過ごし方でご先祖様をお迎えしてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。