犬と交通機関に乗れる?バス・電車・新幹線・飛行機・タクシーでの移動方法

スポンサーリンク
おりな&オレオ

こんにちは!おりな&オレオです!

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

犬を連れて遠くへ出かける場合、自家用車が一番融通がきいて安心ですが、車を持っていない場合は公共交通機関を使用する機会もあるのではないでしょうか。

私も自分の車を持っていないので、オレオを釣れてい出かける際はレンタカーか公共交通機関を利用します。

レンタカーは借りるときに前もって犬を乗せることを伝えておけば、ケースに入れる、車内に解放しない、追加料金等の条件はあるものの、比較的簡単に利用することができます。

ですが、公共交通機関に関しては、そもそも盲導犬や聴導犬などの介助犬ではないペットを乗せていいのかすら最初はわかりませんよね?

そこで今回は、私がオレオを連れて帰省やお出かけをするときの経験を基に、公共交通機関に犬と一緒に乗れるのかどうかや、移動する際の注意点についてご紹介します

犬と乗れる公共交通機関

今まで経験がない人は意外かもしれませんが、だいたいの公共交通機関はペットを載せての乗車が可能です。

ただし、乗せることができる大きさに制限があったり、料金が発生したり、犬のストレスを考慮しなければならなかったりと、注意点もあります。

そこで今回は、こちらの公共交通機関の、犬との乗り方や注意点についてご紹介します。

犬と乗れる公共交通機関
  • バス・電車
  • 新幹線
  • 飛行機
  • タクシー

それでは、順番に見ていきましょう。

犬をバスや電車で移動させるには?

国土交通省によって定められている「旅客自動車運送事業運輸規則」によって、バスや電車に犬を乗せることが可能です。

ただし、動物が苦手な人などに配慮するため、キャリーケースに入れて全身を覆い、外に出ないようにしなければいけません。

また、交通機関によって持ち込めるキャリーケースの大きさや数が決まっていたり、子犬や小型犬しか乗せられないことも多いので注意しましょう。

おりな

事前に乗りたい交通機関の規定を調べておくと当日慌てなくていいですよ!

私は一人暮らしの時、よくバスと電車を乗り継いでオレオとドッグランに行っていました。

こちらは貸し切り状態ではしゃいでいたオレオが、他の子が入ってきたため急いで戻ってくるところです。(笑)

ここに行くために、犬用のキャリーケースを買ってオレオを入れていたのですが、オレオは外が見えると吠えてしまうので、外が見えないように自分の上着やマフラーなどをメッシュ部分に被せていました。

そうするとケースの中が暗くなるので、落ち着いて眠ってくれます。

だいたい40分くらいでドッグランに到着しますが、車内でも特にトラブルなくいけましたね。

犬を新幹線で移動させるには?

新幹線も電車やバスと同様、キャリーケース等に入れて他の乗客に迷惑をかけないように配慮すれば、犬を連れて乗れるというルールになっています。

ただし、JRではキャリーケースを持ち込むためには「手回り品きっぷ」を290円で購入する必要があります。

これは窓口で駅員さんに自己申告して切符を発行してもらう必要があるので、時間に余裕をもって行動し、忘れずに対応するようにしましょう

私は実家に帰省するためにオレオと新幹線を利用しますが、新幹線は食事をしている人がいて匂いがしたり、高速で走っているためガタゴトと音がずっとなっています。

そのため、普通のバスや電車では問題なく過ごすことができるオレオも、新幹線だとたまに吠えてしまうことがあります。

ですが、新幹線は駅と駅の間が長いので降りたくてもすぐに降りることができません。

そんな時に役に立つものをいくつかご紹介します!

下車できない状況で犬が騒ぎ出したときに役立つアイテム
  • 食べるのに時間がかかるおやつ
  • お気に入りのおもちゃ
  • 犬が寝る音楽

まず、食べるのに時間がかかるおやつです。

そういうおやつは固いものが多いので、ガシガシ噛んでいるうちに体力を消耗して食べ終わった後そのまま寝てしまいます。

次に、お気に入りのおもちゃです。

大好きなおもちゃを入れてあげると、遊びに夢中になって静かになってくれます。

そして、最後の必殺技は、犬が寝る音楽です。(笑)

快眠BGMというのがありますが、それの犬バージョンですね。

おやつを食べ終わって、おもちゃにも飽きてしまったら、最後はこの音楽をかけます。

スポンサーリンク

ネットで「犬が寝る音楽」と検索して出てくるものを流してキャリーケースの近くに置いておくと、本当に数分で静かになってくれます。

初めて使った時は驚きました・・・

新幹線はガタゴトうるさいので、音楽をかけていても人間には全く聞こえませんが、キャリーケースにくっつけて置いておくと耳のいい犬には聞き取ることができるので、誰にも迷惑をかけずに犬を落ち着かせることができます。

おりな

眠たくなる周波数で構成されているとかでしょうか??
どういう理屈で犬が寝るのかわからないので、知っている方がいたら教えてください!

犬を飛行機で移動させるには?

犬を飛行機に乗せることはできますが、日本の航空会社の場合、ペットは飛行機内の貨物室で過ごすことになります。

バスや電車のように、そばにいて一緒に過ごすことはできません。

貨物室は音や揺れも大きい場所なので、特に長時間の移動は犬にとってストレスです。

そのため個人的にはあまりお勧めしませんが、どうしても飛行機を利用する必要がある場合には、動物病院で抗不安薬を処方してもらうなど、少しでも犬が落ち着いて移動できるようコンディションを整えてあげましょう。

また、飛行機で移動する数週間前からケージに慣れさせてあげたり、飼い主さんの匂いのする毛布やおもちゃを中に入れておくなど、犬が安心できる工夫をすることも大切です。

飛行機の場合、犬は知らない場所で数時間一人で過ごすことになりますから、不安や寂しい思いでいっぱいになると思います。

この状況はペットホテルに預けるときや、お留守番をしている時(より過酷ですが)と同じような環境なのかもしれません。

私はオレオを飛行機に乗せたことはありませんが、ホテルに預けたり長時間のお留守番をさせなければいけない時は、必ず私の使っていない服や、オレオがいつも使っているタオル、ベッド、おもちゃなどを一緒に入れておきます。

お留守番から帰ってくると眠そうに伸びをしているので、これらがあると、安心して眠ることができるようです。

おりな

大切なワンちゃんが、少しでも安心して過ごせるようにしてあげたいですね!

犬をタクシーで移動させるには?

犬は原則としてタクシーにも乗れるのですが、他の公共交通機関と同様、安全のためにキャリーケースに入れた状態でなければいけません。

そのため、大型犬や、毛布にくるんだだけの子犬などは乗車できません。

また、運転手さんのアレルギーなどの理由で断られる場合もあります。

犬とタクシーで移動する前は、事前にタクシー会社に電話をして、乗れるかどうか確認しておくと安心です

私はオレオとタクシーに乗ったことはありませんが、帰省の際などはオレオ以外にも大量の荷物があって正直しんどいです。

そのため、最寄駅から家までタクシーを使いたいと何度も思ったことがあります。

また、犬を連れて出かけなければいけないときに雨が降ってしまうと、せめて駅までタクシーを使いたいと思うこともあるのではないでしょうか?

そういうときにこの情報が役に立つと嬉しいです!

犬と乗れる公共交通機関まとめ
  • バス・電車
    • キャリーケースなどに入れて全身を覆い、外に出さなければ乗車が可能。外が見えないようにすれば乗車中は眠ってくれることもある。
    • 交通機関によって持ち込めるケースの大きさなどが決まっているため事前に確認が必要。
  • 新幹線
    • 手回り品切符を購入し、バス・電車同様ケースに入れれば乗車が可能。
  • 飛行機
    • 犬は貨物室で過ごすことになる。騒音や揺れ、長時間の移動は犬にとってストレスになるため事前に対策が必要。
    • 犬が安心できるよう、飼い主の匂いがついたものやお気に入りのおもちゃ等を入れてあげるとよい。
  • タクシー
    • ケースに入れた状態であれば乗車が可能だが、運転手のアレルギーによって断られる可能性もあるので、事前に電話で確認しておいた方がいい。

まとめ

キャリーケースに入る大きさの小型犬は、多くの公共交通機関に乗れることが分かりました。

ただし、交通機関ごとに細かいルールが違っている場合があるので、詳細は移動前に調べておく必要があります。

また、長距離の移動は犬にとってストレスです。

あらかじめキャリーケースやマナーウェアに慣れさせてあげるなど、犬が少しでも安心して交通機関に乗れるよう工夫してあげましょう

このように、車がなくても犬と遠くに出かけることは可能です!

たまには普段と違う場所にお出かけして、一緒に楽しい思い出を作るのもいいですね!

オレオはお出かけ先ではいつもニコニコしていてとても楽しそうです。

そんな笑顔見て幸せな気持ちになることができるのも飼い主の特権です。

事前の準備をしっかりして、ワンちゃんとのお出かけを楽しんでください!

あなたのワンダフルライフを応援しています!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。