犬の上手なしつけ方とは?!犬との生活に必要なトイレやお手、待て等芸の教え方

スポンサーリンク
おりな&オレオ

こんにちは!お里菜&オレオです!

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください!

犬を迎えたら、トイレのしつけをしなければいけません。

また、犬とのコミュニケーションのために、芸を教えたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。

これらのしつけは、あなたとワンちゃんが一緒に生活するうえでとても重要です。

上手にトイレができれば家の中で自由に過ごさせることができますし、お出かけに連れていくこともできます。

また、オスワリやマテ等の芸をマスターすれば、外出先で他の人や犬とのトラブルを避けることができます。

それに、しつけはコミュニケーションをとらないとできませんから、あなたとワンちゃんの間で次第に信頼関係もできることでしょう。

ということで、犬を迎えたらトイレや芸を教えることが必要なのですが、そうは言っても、犬を飼うのが初めての人はどうやって教えたらいいのかわからないですよね。

そこで、ここでは、犬の上手なしつけ方について、トイレトレーニングとお手、待てを例にご紹介します。

トイレのしつけ方

まずは、犬にトイレのしつけをする方法です。

といっても難しいことではなく、以下の手順で行えば段々できるようになっていきます。

トイレのしつけ手順
  1. 犬が排泄をしそうなタイミングでトイレに連れていく
    • 犬が排泄しやすいタイミングは、朝起きた時や、水を飲んだあと、食事をしたあとなど
    • 犬はトイレに行きたい時に地面の匂いをかいだり、その場でソワソワし始めたりする
  2. 犬が排泄を終えるまで見守る
  3. 上手にできたらご褒美をあげる
    • ご褒美は、おやつやフードでもいいし、褒めたり遊んだりしてあげてもOK

排泄しやすいタイミングでトイレのしつけをしてあげれば、自然とできるようになるでしょう。

ただし、子犬の場合は成犬より排泄の感覚が短いことに注意が必要です。

1時間おきくらいにトイレに連れて行って、同じしつけ方で教えてあげましょう。

また、ワンちゃんのトイレに行きたいサインに注目しておくことも、上手にしつけをするコツです。

ですが、飼い主さんがトイレに連れて行かなくても自分でできるようになるには時間がかかることもあります。

そんな時も、怒ったりせずに根気よく付き合うことが重要です。

トイレを失敗してしまった時に大声で怒鳴ったりしてしまうと、犬が飼い主のことを怖がって信頼関係が築きにくくなる可能性があります。

また、子犬のうちは特に何を言われているのか理解ができないので、飼い主が大声で騒いでいるのを、喜んでくれたと勘違いしてしまうこともあります。

犬は飼い主に構ってもらうのが大好きです。

反対に、飼い主に無視をされることが一番傷つきます。

だから、もしもトイレを失敗してしまった場合は、犬の方を見ずに声もかけずに、静かに片づけて部屋を出て、犬をしばらく独りぼっちにします。

こうすると、犬は、ここで排泄をしたら飼い主に無視される、でも、トイレでしたら褒めてもらえる。じゃあトイレでしよう!というように考えてくれるので、手っ取り早くトイレを覚えさせることができます。

おりな

可哀想ですが、この方法が一番早いですよ!とペットショップの店員さんに教えてもらいました!

オレオは最初実家で飼い始めました。

私はペットショップで教えてもらった方法で、失敗しても怒らず、成功したときに褒めるようにしていたのですが、私の母はなかなかそうしてくれず・・・

オレオがトイレ以外の場所で排泄しているのを見つけたら、オレオを捕まえてそこまで連れていき、臭いをかがせて、「ダメ!」と怒鳴っていました。

オレオはよくひっくり返って降参ポーズをしていましたね・・・

オレオ

おいら、怒ったママさんとっても怖いでやんす・・・><

多分これが原因だと思うのですが、オレオは家でトイレをしません。

怒られている理由を、場所を間違えたからではなく、家の中で排泄したからだと勘違いしているのではないかと思います。

雨の日や長時間のお留守番のときでも家では排泄しなくなってしまったので、一人暮らしでオレオを飼い始めてからもう一度同じ方法で教えなおしました。

おりな

今では家でも上手にトイレができるようになってよかったです!

このように、恐怖によってしつける方法は犬に間違った認識をさせて辛い思いをさせてしまう可能性があります。

なかなかできないとイライラしてしまう気持ちもわかりますが、そこはグッとこらえてワンちゃんのペースで教えてあげてくださいね!

スポンサーリンク

芸の教え方

次に、芸の教え方をご紹介します。

芸は、「オペラント条件付け」という生き物の行動心理を利用して行います。

オペラント条件付けとは、命令に対して報酬を与える行為を繰り返すことで、積極的に命令を聞くようになるという仕組みです。

多くの芸はこの心理を利用したものです。

今回は、代表的な芸である、お手とマテの教え方についてご紹介します!

お手の教え方

基本的な芸である「お手」も、オペラント条件付けで教えることもできます。

オテの教え方手順
  1. 犬にお座りをさせる
  2. 前足の甲を触ると犬が前足をあげるので、すかさず褒める
    • 褒めるときはご褒美におやつを与えると報酬がわかりやすくてよい
  3. ①②に慣れたら、次は犬が前足を上げた瞬間に「お手」と声をかけて、ご褒美をあげる
  4. ③を繰り返した後、「お手」という言葉を聞いて犬が前足を挙げるようになったら、その下に飼い主が手を差し出す
  5. 前足が手の上に乗ったら、ご褒美をあげる

オレオはこの方法で一瞬でお手ができるようになりました。

おやつがもらえるのが嬉しすぎて、今ではお手というと前足を私の手に叩きつけてきます。(笑)

おりな

ご飯前や遊んでいるときなんかは特に力強いお手をしてくれます><

お手ができると、お散歩から帰ったときに足を洗ったり拭いたりするのが簡単になります。

単純に可愛いというのもありますし、ぜひ覚えさせたい芸の一つですね!

基本的にどんな芸もこのオペラント条件付けで教えることが可能です。

待ての教え方

次は待ての教え方をご紹介します。

待てができると、お散歩中に誤ってリードを放してしまった時でも犬を呼び止めることができますし、ドッグランなどで興奮して他の犬や人に飛びかかろうとした時も落ち着かせてあげることができるので、怪我やトラブルを防げます。

また、オレオは臆病で、家の外から聞こえてくる人や犬の声に反応して大きな声で吠えてしまいます。

そんな時も、名前を呼んで近くに来させてしばらく待てをさせることで落ち着いてくれます。

他には、外が見えないようにするなどの対策もありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

このように、待てには犬を守ったり、落ち着かせたりすることができるので、必ずマスターさせたい芸の一つですね。

マテの教え方手順
  1. 犬にお座りをさせる
  2. 犬から一歩離れる
  3. 犬が動かなかったら褒めてご褒美をあげる
  4. ①から③を、一歩を二歩、三歩と増やしながら行う。
  5. 慣れてきたら、離れる前に「待て」と声をかける
  6. ⑤にも慣れてきたら、「待て」と声をかけて犬から離れずに時間を置く
  7. それでも動かずにいられたら褒めてご褒美をあげる
  8. ⑥⑦を繰り返し、慣れてきたらご褒美をあげる前に「よし」と声をかける
  9. ⑧にも慣れてきたら、「待て」と声をかけて「よし」で解除しよく褒める

ちなみに、待てと言うときは手のひらを犬に向けるなどの合図を行うと、合図と一緒に覚えてくれるようになります。

そうすれば、万が一声が出せない状況で犬を制御する必要がある時にも待てをさせることができるので、一緒に覚えさせるといいと思います。

私は基本的に在宅ワークなので、何かのきっかけで会議中に急にオレオが吠え出してしまったり、イタズラを始めてしまったりすることがあります。

そのような時は会議中なので声は出せないのですが、手の平をオレオに向けるだけでじっとしてくれます。

おりな

このように、芸のコマンドも一緒に覚えさせておくと役に立つことがありますよ!

また、他にも覚えておくといざという時に役立つ芸は、「おいで」、「伏せ」あたりでしょうか。

おいではドッグランや散歩中リードを話してしまった時に犬を呼び戻すのに役立ちますし、伏せの姿勢は犬を落ち着かせることができます。

よく、アウトレットなどのお店の前で飼い主さんと一緒に伏せをして待っているワンちゃんがいますが、長時間待たせるのであればこの態勢が楽なのでおススメです。

これらの芸も、オペラント条件付けを利用した教え方の応用で教えることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

犬にトイレや芸を教えるのは、無理やり命令しているようで可哀想…と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、犬と飼い主さんが快適に過ごし、健全なコミュニケーションを取るためにも、しつけをすることは重要です。

ですが、いきなりできるようになる訳ではありません。

その子ペースがありますから、時間がかかることも考えられます。

それでも、あなたが根気よく付き合ってあげれば、必ずできるようになりますから、諦めず、イライラしてしまう気持ちを抑えて一緒に頑張ってあげましょう。

おりな

ワンちゃんが教えたことをできるようになったら、とっても嬉しいですよ!

失敗してしまったワンちゃんに怒ってしまいそうになったら、できるようになった時のことを想像して、ワクワクしながらトレーニングしてみてください。

今回ご紹介したトイレのしつけ方や芸の教え方を参考にして、ワンちゃんとワンダフルライフを楽しんでいただければと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。